November 25, 2015

バッチフラワーエッセンス |学習
テストの不安に勝つ方法

昨夜息子が「ミムラスちょうだい。。」
ん?「テストが不安。。」

雨がふるぞーーー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!

宿題せん息子よ、成長したねえ(^^)
でもフラワーエッセンスやんないよー。
入試なんて、もっとすごい不安と闘うんだ

でも、不安を払拭するのは
これだけ勉強してきたんだという


自分の時間を信じることのみ!


今回は、中間考査よりは勉強できたでしょ
足りなくて不安と思うくらいなら
不安にならない分量を勉強しなさい

ミムラスは理由がある不安に
勇気をもたらすエッセンスですが


自分を信じること以外
テストの不安に勝つ方法はないよ


かあちゃんがついていってあげようか(笑)
そういうと
「ポケットの中に入って?(^^)」
懐かしい!!

娘も息子も小学校低学年まで
学校行きたくないって言ったらいつも
「ちっちゃくなってポケットの中に入っちょくよ」
そんな話をしてました。
意外と覚えてるもんだなあ(笑)

という息子のおかげで
今にも降りだしそうなお天気の大分です

Posted by kimu at 10:19 AM ・テストの不安に勝つ方法

November 20, 2015

本 |学習
「勉強しなきゃ」は自分がつくる

「図書館内乱読み終わったよー(^^)」
えっとご存じでしょうか。息子くん。
今は期末考査前なんだよ。

この、ばかたれがーーー!!!
と言いたいとこですが
「おー!やっと読んでくれたか(^^)」

実は小説2冊読んでるのも
借りたマンガ6冊読破したのも知ってるよ。

だけど、今回は考査2週間前に
「クチ出さないからね」って宣言してます。

中間考査をノー勉で迎え
数学ざまあみろな点をとり
ようやく目が覚めた?息子なので

計画表もチェックしないし
(前回は書いてなかったばかたれ)
ふせんもなんにもやんない。

「今回は、お前にまかせた」

ダンナはヒドイ点数取ったらどうするん?って言うけど

「高校になってスマホばっかりしてます
 勉強しませんっていうのは
 スマホの問題じゃなくて
 高校になったから、じゃなくて
 学習に対する意識の成長の問題だと思う。

 だから、今回はヒドイ点数とればいいの」←鬼

実際、DSしてたり
だらーっとしてたら腹が立つけど
言わない、言わない。
ただいま息子育て中。にょきにょき。

相変わらず本もマンガもこんなのですが
中間考査よりはちゃんと勉強してるみたい。

「期末終わったら3巻買っちゃろうか?」

「わーーー!じゃあ、がんばるー(>_<)」
ふ~ん。そうきたか。

Posted by kimu at 11:51 AM ・「勉強しなきゃ」は自分がつくる

November 17, 2015

バッチフラワーエッセンス
人を色のイメージで置き換えると

バッチ国際教育プログラム・レベル3を取得するとき
3回以上セッションをして
そのレポートを3人書く、という課題がありました。

せっかくだから
私は知らない人とそのレポートに取り組んでみたいと思って
当時助けてあげたかったママ友1人と
友達に紹介してもらった人3人のレポートを書きました。

今日はそのときから不思議とご縁が続いてる方と
ランチ行って
そのあとに、お悩みカウンセリング

登場人物が多かったので
相関図を書いてもらって
クーピーで色をつけてもらいました。

色をつけてもらうのは思いつきだったんですが
おもしろいですねー
去り行く人はグレー
関わる気がない人は色がつかない(笑)

「誰が」という主語がはっきりしなかったことが
色をつけていくなかで
問題点がはっきりしていきました(^^)

フラワーエッセンスをつかって状況をみていくと
今までこの人が悪いと思ってたけど
実は違う人からおしりを叩いていかなきゃー!

対応していくべき事から
ひとつひとつ。

整理ができたところで1枚カードを引いてもらいました。

Friendship
楽しい時間を過ごす計画を立てましょう。

まさにそのとーり!(笑)

計画が必要ですが
水面の線が、、、
私には「親しき中にも礼儀あり」という風に見えました。
ホントだ!って笑って帰っていきました。

応援してるよ、がんばれーー(^^)

Posted by kimu at 3:43 PM ・人を色のイメージで置き換えると

November 12, 2015

バッチフラワーエッセンス |メディディアンピーエ |学習
肩書きができたー

行きたいな と思ったら
先週、旅する占いの佐藤かずみさんの予約がぽんと取れました

来年のヒント聞こう~って軽いノリで行ったのですが
まさかの3年分のヒント(>_<)

そのなかで「あなたは教科書の内容を通訳しているのよね」
といわれて

おおーー!まさにそうですだーー!!

元・中高教員、元塾講師なので
勉強がつまづいたお子さんや
基礎力をつけたいな、というお子さんに寺子屋してます。
がっつりじゃなくて
最低限って感じの(笑)

でも、それだけはジャンルが違うなーと。

なんかバラバラでおかしいよねと
以前ことりさんにどれを捨てましょうかと尋ねたら
「岡本さんは全部でひとつなのよ」と言われました。

先週もヨガの先生に
「岡本さんはひとつのことをやる人じゃないのよ」
と言われました。

いいんだか、悪いんだか(笑)

それで自分にいい肩書きがつけられずにいました。
いろんな友達にきいてみたけど
ピンとくるものが今まで無かった。

でも「通訳」って言われてウレシい(((o(*゚∀゚*)o)))

実は何年も前から
「バッチフラワーエッセンスの通訳です」って言ってました。
どうフラワーエッセンスを選んだらいいかわからない人に
エッセンスとの通訳をする。

「指標」という言葉の基準はあるけど
それは辞書みたいなもので
前後の文脈で表現や捉え方が違っていいと
私は思っています。

自分では気づかなかった心の状態を
どう伝えていくかが大切なことであり

ピーエや整体でも
ただ施術するだけではなく
自分の体の状態を知ってもらうことがなくては
本当の自己治癒力は引き出せないと思っています。

というわけで、帰ってすぐにひらめいたの。
これからの肩書きは
【こころとからだの通訳士】です

お勉強を教える仕事も
やっと統合することができました✨
img20151112_104403.jpg

Posted by kimu at 10:45 AM ・肩書きができたー

November 10, 2015

バッチフラワーエッセンス
自分を許す

先週、ヨガのレッスンのあとに
先生と雑談していてふと気づいた。

そうか!私は私の状態を許してなかったんだ~。

みんな、ちゃんと働いてる。
フルタイムの人も
パートタイムの人も

だけど、私フリーランスで
自由気ままに働いてることが
だめだなあと思ってることに気づいた(o゚Д゚ノ)ノ
みんなしんどい思いして働いてるのに
こんなんで悪いなあ、とか。

バッチフラワーエッセンスのパインの状態は
罪悪感。
自分を責めることに心のバランスが傾きます。
飲むと、自分を許すことをサポートします。

おあっ。私、パインかあっ。

んーーでもね
私、体力がないので
普通に働くと家庭生活に支障をきたすし
ダンナは週休0日でほとんど家にいないし
ダンナの実家のばあちゃんたち、3人介護もあるし
それで手に職をつけようと思ったわけで

小さなお仕事ばかりだけど
ボーナスとか、ないけど
働かせていただけているのだ、、感謝✨

だって、収入ゼロだったら
パートにでるしかないっしょ!

今させていただいてるお仕事は
ぜーーんぶ、楽しいのですよ(*^^*)
準備が大変なときもあるけど
私の持ってる「技術」でお仕事。

そして、喜んでいただけるお仕事です。

健康で働いてくれるダンナにも
不登校を乗り越えて
今は通学してくれる子どもたちにも
いっぱい感謝しなくてはなりませんね。

罪悪感の前に感謝の気持ちを持てーーー(>д<)ノ

そんな感じで久しぶりに
エッセンスを一口、飲みました(*^^*)

Posted by kimu at 9:20 AM ・自分を許す

November 4, 2015

メディディアンピーエ
歩けるって、素晴らしい

ダンナのお父さんは脳内出血による、右半身マヒです。
来月3年目を迎えますが
今日やっと床に寝ることができました。

2年半は本人が納得いくまで
神経ブロック注射させましたが
私から見れば何かが変わったようには思えません。

それで、この春から私が義父に整体をし始めました。
週に4日介護施設で
トレーニングと理学療法士さんにお世話になってますが

家では寝てばかりなので
どんどん筋肉は固くなる一方です。

義父の整体をしていると
「歩く」という普通のことが
こんなにも人体の神秘で行われていると

たくさんの筋肉のつながり
「歩く」仕組み
とても勉強になります。

歩けるって素晴らしい✨

ピーエだけを勉強していたら
義父に施術できなかったけれど
倉橋式レイキ整体を習ったおかげで

まずは座ったままで
次にベッドの上で
そして今日、床の上でと
パターンを変えて無理なくできます。

杖をついて無理をさせている方の筋肉と
動かさないために固くなりつつある部分を
ゆるめる。

床の上だとできる技がやっぱり増えて
次回も楽しみです。

Posted by kimu at 10:37 PM ・歩けるって、素晴らしい

November 3, 2015

バッチフラワーエッセンス |学習
テストを褒める

うれしいメールが届きました。
「やっとテストを褒めることができました」

最初は子どもがちゃんと勉強しない
テストの点が悪いというお悩みだったんですが
お子さんをみると
がんばってるんですよねー

それよりもお母さんが勉強のことを話す時の
お子さんの顔つきが気になって

それから何回かお子さんだけでお話したんですけど

その子はとっても我慢をしていました。

お母さんが好きだから。

どうしたらお母さんを怒らせないか
とっても気を配っていました。

お母さんも「こう勉強したらいいのに!」
とっても熱心に教えてくれていたんですが
お母さんの勉強のスタイルと
お子さんの勉強のスタイルが違ったんですね。

お子さんにとってはやりづらい方法だったようです。

それでお子さんに任せてみませんか?という形で
ただいま進行中です。

その後、立派な点数を取ったんですけど
褒めてあげなかったみたいで

ええーー!!そこ、めっちゃ褒めポイントやーん!

なんでかなーと話していたら
ぽろんと転げ出た言葉で
お母さん自身がびっくりして。

褒めることがことができるようになったようです(>_<)

親の期待値ってありますよね

こうあってほしいという愛情だし
子どもの夢を叶えてあげたいから派生しますが

チコリーの状態に入ってしまったら
結果を出してちょうだい!が突っ走ってしまいます。

うちの息子みたいに
勉強しなきゃ怒る必要がありますが(笑)

がんばっても結果がついてこないことも
子どもだからありますよ(^^)

プロセスを認めてあげることって大事だと思います

この力加減ってホントに難しいんですが(-_-;)
がんばったけん、いいやんか♪
結果がついてこないことが多い娘には
岡本はそう声をかけるようにしています

IMG_20151103_110916.jpg

Posted by kimu at 11:36 AM ・テストを褒める