April 29, 2015

バッチフラワーエッセンス |メディディアンピーエ
新学期の緊張に


新しい生活が始まって
ちょっと落ち着き始めたところでしょうか。

大人だって知らない世界
はじめての小学校、はじめての中学校、はじめての高校、、、
どうなのかな?とドキドキしますよね。

登山するとき、1回目が一番きついですよね。
どれだけ登れば頂上にたどり着くのかわからないとき
とても疲労を感じます。
でも2回目以降は
ここは急だけど、この後はなだらかだな、とか
これで8割登ったなとか


経験がサポートしてくれます。


母は自分の子ども時代を思い出したり
一人目、二人目、経験を積んでいけますが

子どもはずっと初登山をしています。
子どもだからすぐ馴染む、ではなくって
わからないことの疲労をこの時期軽くしてあげましょう。

バッチフラワーエッセンスのレスキューレメディが
緊張をゆるめるお手伝いをしてくれますし

てっとり早くは
胸に手をおいてあげるだけでも。
緊張で胸の筋肉が張り詰めているものです。
「ほっとした」と胸をなでおろす
そんな感じでそおっと触れてみてください。

Posted by kimu at 9:49 AM ・新学期の緊張に

April 26, 2015

バッチフラワーエッセンス |剣道
剣道の思い出が多すぎて。

4年間剣道をしていた息子が
中学では剣道部に入らずにテニス部に入りました。
剣道5段のダンナは大ショックΣ( ̄ロ ̄lll)

ずっと剣道をやめて欲しかった私も
なぜか悲しくて5日ほど立ち直れませんでした。
なんで涙がでるんやろ?

お世話になった方々に御礼の挨拶を繰り返すうちに
自分の中から言葉が生まれました。


まるで、失恋のようだ。


あなた(剣道)とはこれ以上一緒にいても
苦しいだけなの。幸せになれないの。
仲良くなろうと思って(強くなろうと思って)
できる限りの努力はしたけど
もう、無理なの。

だから別れが訪れたんだけど
ケンカをしたり喜んだり
今まで本当に4年間の思い出が濃かったから
だから涙が出るの。

あなたと過ごした時間は忘れないよ。

あなたに出会えてよかったよ。

だから今は悲しいけど、前に進もう。


やっと自分の感情が理解できて。
ペットロスなど喪失に効果的と言われる組み合わせ。
心の傷のスターオブベツレヘムと
出口を求める絶望のスイートチェストナット。

息子が剣道をやりたいと言ってくれたおかげで
多忙で不在がちな父と息子に繋がりが生まれました。
剣道という共通の話題も生まれました。
最後までまともにメンが打てずに終わった息子ですが
みんなで父ちゃんを尊敬できたし
私も父ちゃんの剣道が温かいって思えたし
勝てない息子のために休みをとってくれて

いっしょに試合に行ったこと。

こんな時間はもうないでしょうね。

剣道を4年間がんばってくれた息子と
支えてくださった皆様に心から感謝しています。


息子はテニスという新しいカノジョをつくって
毎日楽しそうです(^^)

親の私たちが
早くこの失恋から立ち直らなくちゃね。
img20150426_234811.jpg

Posted by kimu at 11:48 PM ・剣道の思い出が多すぎて。

April 25, 2015

剣道
そして息子の部活、決定。

入学しても息子は明言せず。
私も任せたと、はたらきかけませんでした。
ただ、やっぱり剣道が好きみたいなので
1年分の(?)遠征費をかきあつめて待ってました。

息子は部活動見学期間に卓球部、陸上部、剣道部を見学。

そして10日前。
ダンナが「まだ決めてないんかっ」と聞くと

蚊の鳴くような声で恐る恐るぼそっ。


「ソフトテニス部に はいろ…うか…と…」


えええええーーーーー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!
叫ぶ娘と私。


まさかの、カタカナが来たーーーΣ(Д゚;/)/


ダンナの顔はもろに放心状態(o;д;)o
なんで?って聞くと「友達に…誘われて…」
顔ぶれは。ははーん。
息子みたいな、ぽやんとちゃんがいっぱい。
わひわひ遊ぶ姿が目に浮かんだ。

ダンナはそのまま、パタン。
家を出ていった。
頭冷やしに行ったのね。たぶん。

私も娘の学用品を買いに出かけて
帰りにあのコテメンが最後になったかぁ
いい記念になったなあと思ったら
なんかぶわわああっと涙でてきて((T_T))

帰るなり息子に
「お前、今まで本当にがんばってきたなあ。
あのコテメン決めて、かあちゃんはうれしかった。
できんことを、4年間もがんばって、えらかったなあ!」
って誉めたら
「でも父ちゃんに嫌われるかなあ。
ガーンっち顔しちょったし。それに、それに。

ぼくは剣道から逃げるんかなぁぁぁ」

だああーーって息子、泣き出して
なんかわんわん言ってるけどわかんなくて
ただただ 頭をなでてやりました。

それから何度も細かいことを話し合いました。
道場で剣道を続けると言っても
実質辞めるに等しいけど
中2の夏に初段が取れることをめざして。
息子が剣道をしてきたという証としてね。


「部活は楽しくしたい」
12才のちっさな頭でよく考えたなあとつくづく思います。
入部届けだけはダンナに書かせました。

「いいんか?本当にいいんか?」を繰り返すダンナ。
良くないのはあんただろー( ̄ー ̄)
二人きりにしてサイン終了を待ちました。
サイン後、ダンナはまたパタンと出ていった。
はい、落ち着いてきてね。

入部届け。よくみると。
テニス部のテが横線1本多い(笑)
しかも頭に付け足すように軟式って書いてるけど
また軟の字が間違っている(笑)
そもそもソフトテニス部だってばあ
動揺が隠せない入部届け。そのまま出しました。


今まで縦方向に動いていたけど
今度は横に動きます(笑)

でも目撃情報が数種寄せられて
「羽根が生えたように部活に行っていた」
「スキップしていた」
中学男子の遊びってほぼほぼ部活単位なので
ぽわんとちゃん達ともにゃもにゃ遊ぶのも
息子にとってはいいことだと思います。

新しい世界へ。

img20150425_012955.jpg

Posted by kimu at 1:30 AM ・そして息子の部活、決定。


剣道
神様が打たせてくれたコテメン

息子が剣道部入りを決める材料になればと
春休みに2回、中学の稽古に参加させていただきました。
以前、他中学との合同稽古にも参加させていただいたので
合計3回体験したことになります。
延長されることなく時間きっちりの稽古ですが
内容は濃く、小学生はへとへとです(-_-;)

小学生が7人いたので
先生が団体戦をさせてくれました。


まず中学女子 対 小学生。
オーダーは先生が組んでくれました。
偶然、道場の先輩と当たりました。

昔は全く歯が立たなかったのに
引き分けに持ち込めて
息子も成長したなあと思いました。


次に中3男子 対 小学生。
息子、いつになく声が出てて、いいぞいいぞ♪
相手の速い剣道に必死についていく。

すると。コテメンがきれいに決まったΣ(O_O;)

先生もオオーと叫んだ!

ダンナが理想としてきたコテメン。
パパーンと入った。
筋力と瞬発力のない息子が勝つためには
これを身につけるしかないと特訓してきたコテメン。
ダンナの得意技のコテメン。

速く打てないし
出しても決まらないし
どれだけ練習してもできなかったコテメンが

なんでこんなタイミングで入るのよーー。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

ビデオ撮ってないしー
先生には「いいコテメン持ってるじゃないか」
って勘違いされるし。

神様のばかーーー!
って思ったけど

あとで聞いたら狙ったわけじゃなくて
気がついたらとれていた、というコテメン。
体が動いて結果が出せたのも初めて。
神様が今までの努力に対し
ちょっとだけごほうびにくれたんだと思います。

綺麗な、最高の、コテメンでした。。。

Posted by kimu at 1:01 AM ・神様が打たせてくれたコテメン


剣道
剣道部に入るか否か最終回

間が空いてしまいましたが
母が剣道部に入らないでほしい外的要因。
それは「勝つ剣道」です。

剣道してる人にとっては
勝つとか勝ってほしいとかは当たり前ですが
息子はどんなに頑張っても、勝てません。
小5の秋の大分市学年別選手権であきらめました。
筋肉と才能がありません。
それは頭よくないのに
100点をめざせと言ってるようなものです。

息子の中学校はすごい指導者がいるので
先生の指導を受けたくて、市外からも入学します。
そして県内、県外に遠征があるので
年間20万の遠征費がかかるそうです。
それに定期考査前にも試合や遠征が。
塾で休むというのもダメみたいで
先輩ママから剣道では進学しないという気持ちが
先生には伝わらなかったと嘆きの声も聞きました。

真剣に集まってくる子どもたち。
その保護者たち。

ただの部活動でいいんです
毎日剣剣道できるだけでいいんです
遠征とか強化は必要ないんです

そんな親は。私以外にはいませんよねー。

他競技の友達が「温度差だよねー」と言ってくれました。
ズバリ、それだよーー(*T^T)

たくさんの方とお話しさせていただきました。
だけど私はやっぱり
勝ちにこだわる剣道の世界の住人にはなれなかった。

道場の先生たちも
岡本は試合剣道には向いてないから
中学で他の部活に入って体力をつけながら
昇段剣道をめざして道場の大人稽古に来たらどうか?
そう勧めてくれました。

あんたが部活を決めたら
かあちゃんは四の五の言わん。
そんかわり自分で決めろ。
無邪気にやりたーいなんて
簡単に決められんのはかわいそうやけど
かあちゃんは、お前についていく。
たとえ剣道部を選んだとしても。

息子にはそう伝えました。

Posted by kimu at 12:22 AM ・剣道部に入るか否か最終回

April 21, 2015

左左脳の教科書収納

新学期が始まりましたね。
わが家は高校と中学のダブル入学で
まだまだバタバタしています。


小学校時代の通知表で6年間ずうぅぅっと
[忘れ物をしない]が[努力しよう]だった息子(-_-;)

でも去年、ライフオーガナイズを取り入れてから
忘れ物がぐんと減りました(ゼロにはならんかったけど)。

私は右左脳なので教科はバラバラでもいいから
ノート類とか、A5・B5・A4高さを合わせたい。
とりあえず本棚の中にがっさり入ってればOK。
いいのよ、探すから。ごそごそ。
しーかーもー。扉の中にしまいたい。
見た目スッキリ。
扉の中がどんなにちらかっても気にしない。

でも息子と娘は左左脳なので
分類と出しっぱなしが必要だそうで。
左左脳の親友によるアドバイスがこれ!


教科ごと。マスキングテープで。机のうえ。


作りながら、おええええ~っ
めんどくせえええ~っと叫ぶ右左脳母。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。


でも子どもの利き脳に合わせてやって解決するなら。


と思って家庭内民族大移動中です。

ちなみにカレンダーも左左脳に合わせて
縦書き1ヶ月を買ってみました。
右左脳の私には何がなんだかわからんカレンダー。
でも左左脳さんにはわかりやすいんだそうです。
ホント、理解できんわあ。
img20150421_102043.jpg

Posted by kimu at 10:21 AM ・左左脳の教科書収納