October 31, 2013

本 |映画
『パーシージャクソンとオリンポスの神々』

我が家の本棚にズラリと並んでますが、買ったわけではありません(笑)全部ホルトホールの大分市民図書館の分です。複数冊蔵書されていても明日からの映画公開。『パーシー〜』の棚はすっからかんですね(^_^;)

私は1巻を読み終わりました。とても面白いです(>_<)『ハリーポッター』シリーズよりサラサラ読めます。

先日『パーシー〜』のDVD見ましたが、映画と原作は、骨格が一緒だけど肉付きが違うんです!でも映画の脚本も素晴らしいので、映画も原作もそれぞれがオススメです(>_<)

あまりに面白すぎて娘は1巻を2日で読んでしまい、3巻は1日で読んでしまった!その分全く勉強してない(笑)まあ中間考査がんばったからよかろう♪その代わり、期末考査の2週間前までに読み終わりなさい、と追加で借りてきて本棚がこうなった。

私も映画のパート2をみるまでに2巻を読み終わりたいっっ(>_<)

Posted by bachfloweroita at 3:50 PM ・『パーシージャクソンとオリンポスの神々』

October 28, 2013

メディディアンピーエ
メディディアン・ピーエ定例会

今日は別府で田浦先生とカナ先生がおみえになって定例会がありました。午前中のベーシックコースとテクニカルコースに参加。どちらも今日のテーマはいわゆるローテーターカフと言われる肩周りの勉強でした。

講義と実技。
でも今日の抗議は深かったー。
人の体って本当に面白い。
言われてみればそういうこと、あるある。

姿勢のよい人に胃腸の悪い人はいない。
ほんとだー。

このところ大場整形のメディカルマネージャー講習やORSの健康教室などで勉強していたことが、今日はとてもつながったように感じます。

実技は午前中は堀田先生をモデルに
午後は柴田先生をモデルにピーエさせてただきました。
同じ施術でもアプローチを変えたらこんなに違うのか…
うーん、考えさせられました。

どうしてもピーエしているうちに
ここをもっと踏んであげたい
あそこも滞ってるぞ
でも今日のリクエストはこの部位
なんてやりたい場所がいっぱいになっちゃうんですが
そうではないやり方も、うーん、満足できますね。
それには筋肉の起始と停止をちゃんと勉強しなきゃ。

柴田先生を眠りいざなえたこともうれしかったし
今日は収穫の多い一日でした。

Posted by kimu at 11:20 PM ・メディディアン・ピーエ定例会

October 26, 2013

『小学男子のナゾ』

「宿題をやっても持っていくのを忘れる」
「毎日変わる持ち物についていけない」

うわっ。うちの息子やん!

10月に入って「お前はいつになったらちゃんとできるんだ?」と思うことが重なりまくり。学校の忘れ物もひどく、親への書類も出し忘れ、伝達事項はママ友達から聞いてびっくり、剣道では何度言われても同じ失敗を繰り返す…

「そんなことで中学になってどうすんのー!!」と怒ることが続きました。毎日毎日。とほほ。

そう思い悩んでいた時にみつけたこの本。ありゃ?うちだけじゃないんだ?息子みたいなタイプは、まだまだ母親の声かけが必要なんだそうです。発達するまでサポートしてやらないといけないんだそうです。

それから「もう5年生なんだから」という言葉は使わないようにしています。同じ5年生男子でもしっかりしている子もたくさんいる。けど必要ならば声かけ・見守りをすることで【できる】ようにしてやらなきゃならないんですね。かなり手間ですけど(-_-;)

伝達事項や頼んでおいたことができた時、当たり前だと思わずに褒めてやるようにしました。半分諦めたというか(苦笑)。

ホルトホールの大分市民図書館でかりました。

Posted by bachfloweroita at 2:23 PM ・『小学男子のナゾ』

October 24, 2013

バッチフラワーエッセンス |メディディアンピーエ
OSR健康教室(腰痛講座)

今月よりOSR(大分スポーツリハビリテーションセンター)の健康教室で
勉強を始めました。今日は腰痛について。無料講座です。
メディカルマネージャー講習も受講中ですが
理学療法士や健康運動指導士の方からお話をきけるチャンスです。

といっても「私、場違いでしたか?」と聞いてしまったほど
初回から年齢層が高く(^_^;)
「若いわね~」とお姉さま方に もまれながら必死にノートとってます。
「あら~、そのメモのコピー欲しいわあ」なんて言われてます。

前回ロコモチェックを初めて受けました。
メディディアン・ピーエ セラピストとして片足立ち60秒は意地でもクリア!
でも握力が21しかなくて、23以上あった方が
歳をとったときに肘に負担がいかなくていいそうです。鍛えるか??

今日は実技もあったのですが
お姉さま向けにイスに座ったままできる腹筋・背筋のトレーニング。
同じく腰回りの筋肉を緩める体操を習いました。
これ、使えます(>_<)

それにしても、お姉さまたち、先生の話を聞かずに
自分の話を始めてしまう。。
それって、今必要??って思ってしまいます(苦笑)
うーん、みなさんにヘザーのバッチフラワーエッセンスを飲んでいただきたい…
聞きじょうずになって先に進みましょうよ…、と思いつつ。
ひとり必死に筋肉図と格闘してます。
メディディアン・ピーエの施術に来てくださるお客様に還元できるように。
次回は膝痛について勉強してきます!

Posted by kimu at 9:59 PM ・OSR健康教室(腰痛講座)


私の充電
3 種のカードで

友達が慌てて「今すぐタロットできる〜?」と連絡してきました。ちょいちょいオラクルカードで遊んだことがあるので。

内容を教えてもらえないまま(こういう時は面白い!)友達が選んだのはマーメイド&ドルフィン。引いたカードは【よーいどん!】でもカードからのアドバイスは【休息】。友達は「この2択で迷ってるんよ〜。すご〜い。」

もう一つ彼女が気になったのは日本の神様カード。事代主神が出ました。ということはドルフィンと合わせても今やりたいことは大丈夫じゃん?

で、2択で迷ってるならカモワンタロットひいてみない?って勧めたら【よーいどん】が太陽の正位置で【休息】が力の逆位置。

ここで話がひも解かれ、カードの内容がどんぴしゃり!自分を休める時間を崩さないことを意識しつつ、新しいスタートを切って大丈夫。

3種のカードを組み合わせたことがなかったので、特にカモワン使ったのが面白かったですね。友達のおかげで新しい発見をしました。

細かいことはわからないので、やっぱりちゃんとマルセイユタロットは勉強したいなー。

Posted by bachfloweroita at 3:59 PM ・3 種のカードで

October 23, 2013

『エメラルドアトラス』

昨年、書店でみつけたこの本。
表紙がすでに面白そうで、装丁に負けて買っちゃいました。
『エメラルドアトラス 最古の魔術書』
娘は買ってすぐ読んだけど、私は本棚に入れたままでした。

9月は忙しさで本を読むまで体力が残らず、なかなか読む時間がとれませんでしたが、予想通り面白い冒険話!!
後半が時空を越えてちょっとややこしいけど。
(そのため娘は2度目を読み返したらしい)
これもいつか映画化されるか?!

よく見れば初版本を買ったようで。
でも今もなお
この本が書店で平積されているのを見ることがあります。

ホント、最近の児童文学は大人も楽しめるものが多い(>_<)
続編が待ち遠しいです。

Posted by bachfloweroita at 12:08 AM ・『エメラルドアトラス』

October 18, 2013

バッチフラワーエッセンス
ブッシュとバッチのフラワーエッセンス

バッチフラワーエッセンスカウンセラーとして
昨日の説明をきいて、ブッシュフラワーエッセンスってそうかあと思うことあり。

ブッシュは潜在意識にアクセスする。
バッチは顕在意識にアクセスする。

ブッシュは88種類。
バッチは38種類。

試しに一度トリートメントボトルをつくっていただいたのだけど
ブッシュはとてもエネルギーが強いです。
パワフル。
1日目はぐわんぐわん、すごくて
違うものでエネルギー調整をしなくてはならないほどでした。

それに対してバッチはエネルギー、穏やかです。

あ、いやでも。大分でバッチを潜在意識アクセスでやってる人がいて
その人にもトリートメントボトルを作っていただいたことがあるんだけど
「どんこうと新幹線だったら新幹線のほうがいいでしょ?」と
潜在意識へのアクセスを語っておられた。
その方はカウンセリングは全くしません。

ブッシュもカードをひいたり
百会にボトルをおいて診断したり。
受け取る感じのセラピーなイメージを、私は今のところ抱いています。

だから、新幹線でもどんこうでも
顕在でも潜在でも
その人がその人の求めるセラピーを選べばいいんだと思います。

たしかに気づいてなかった気づきをカードで得るのもいいけど
(子ども達のセッションにはお花のカードを私も使いますけど)
自分が意識しているストレスや
言葉の中にあらわれるその人の心をひろっていく
バッチフラワーエッセンスっていいなあと
他のエッセンスに触れるときに逆に思うことができました。

それぞれの、癒しがそれぞれにあればよい。
いろんな選択肢があることが、実は一番幸せなのかも。



バッチフラワーエッセンス |私の充電
7年越しのハンドトリートメント

中学校の家庭教育学級。
小笹恵子先生を講師にお迎えしてハンドトリートメント講座です。

実は小笹さんに打診したのは私(^_^;)
ハンドトリートメントを習いたい7年越しの夢が叶いました!

祖父がアルツハイマーだったし、祖母が老人性の認知症でした。
祖母は90歳に手が届こうとしていたから仕方ないんだけど
認知症になると会話を続けるのも結構たいへんで
グループホームに面会にいっても、なんだか時間の過ごしようがない。
もっと祖母と一緒に過ごしたいけどなー、
ハンドトリートメントだったら会話できなくっても
なんだかなんとなく過ごすことができるのになーと思ったまま祖母は他界。
それから教えてくれる方をずっと探していたけど。

ばあちゃん、やっと習えたでえ!!

酵素とブッシュフラワーエッセンスのメッセージ付き。
豪華三本立ての講座でした(>_<)
小笹先生、ありがとうございました♡
ご縁に感謝です。

Posted by kimu at 12:29 PM ・7年越しのハンドトリートメント

October 15, 2013

映画
映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』

週末『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のDVDを見ました。
ハリーポッターの『賢者の石』『秘密の部屋』の監督さんだったので
なーんとなく借りてみましたが、おもしろかった!

特にギリシア神話が現代になっちゃうと、こうか!(爆)
ヘルメスのシューズが、ぷぷぷー(>_<)
メデューサ倒すのに、それ使うのー(>_<)
それと字幕でみると「This is a pen!」(笑)

それでホルトホールの大分市民図書館で
『パーシー~』の1巻と2巻をかりてみました。
ギリシア神話がわかっているとなお面白いので
娘は『パーシー~』『ギリシア神話』『永遠のゼロ』の3冊を平行読みしてます。

11月に続編の『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』が公開されるので楽しみです。あ、その前に『そして父になる』を見に行かなきゃ~♪



バッチフラワーエッセンス |がんばっているね。 |剣道
加点思考と減点思考

先月。中学校のPTAでつだつよしさんの講演会がありました。
バッチフラワーエッセンスの観点からも同意できる内容もあり
中学生とその保護者対象としてはとても良い講演会だったと思います。
その中で「加点主義と減点主義」という話がありました。

「夢が叶う確率は何%ですか?」ときいて
「その%になった理由はなんですか」と質問すると
ほとんどの人はできない理由を答えてしまうんだそうです。
これは100点から考えて
マイナスばかりに焦点をあてている。


うーーん、とてもわかります。


この減点主義に対し、加点主義というのは
できる理由を考えて
0点からあれもできるようになった、これもできるようになったと加算する。


それを聞いて、私は娘に対しては加点思考をし、息子に対しては原点思考をしているな、ということにハタと気づきました。娘は社会の出発点・幼稚園や小学校低学年のときに不登校(園)だったり、人並みにできることがほとんどなくて、できないのが当たり前だったから。中学生になった今でもあんなこともできるようになった、こんなこともできるようになった。テストの点が悪くても、こんなに勉強をがんばっていた、と思えるんです。バレエがどんなにヘタでも、あのころは困ったけど、今はこんなに努力してくれる。最近娘に対して怒ったことって…ないかも…。

それに対し息子は低学年まで手がそんなにかからなかったけど、なんだかどんどんひどくなる(-_-;)忘れ物をなくすことができなかったり、学校での友達関係もうまくいってなかったり、剣道はぜんぜん形にならなかったり。また?!まったくもー(-_-メ)って怒らなきゃいけないことばかり。小学校5年生とは思えない、生活力のなさ!

息子に対しては腹の立つことばかりだけど
それって、他の子どもと比較して、そこを100点と考えてからの
減点思考だったんじゃないかな??

ちょうどみつけた『小学男子のナゾ』という本。
ホルトホールの大分市民図書館で借りました。
この本によれば、息子のような ぼーーっとしたタイプは
やっぱり宿題をやっても持っていくことを忘れたり(よくある!)
連絡帳を順序立ててうまく書けなかったり(書いてることが本人もよくわからんし!)
ゲームの時間を決めても守れんし(ただいまDS封印中!)
集中力がもたんし(いつも英語の先生に注意されるし!)
忘れ物はいつまでもなくならんのに、
いらないもの(手作りの遊びグッズ)はいつもカバンに入ってる!!!

だーーー。うちだけでは、ないのか?!だあっっ。

忘れ物や宿題に関しては、母が声掛けと確認をすべきだって書いてある。だあっっ。

いつまで手がかかるのか、困ったものだけど。
生活も剣道も加点思考で考えられる、母になろう(いつになるかな?)。
バッチフラワーエッセンスでいうと、ビーチかあ?

加点思考で考えたら、娘に対するように、ストレスが減るのかも。。。

Posted by kimu at 2:52 PM ・加点思考と減点思考

October 14, 2013

バッチフラワーエッセンス |剣道
5 年生の剣道模様

昨日は息子の剣道の試合、大分市錬成大会でした。超へたっぴな息子は今回も20秒で負け。そのために朝から1日参加。母むなしい…。

5年生になると、かわいらしい剣道じゃないので、へたっぴは逆立ちしたってかないっこないのです。

でもある道場のママ友は
「まだ試合で1勝もしたことがないんよー。でも6年生まで続けてくれたらいいと思って。中学もやってくれたらいいなあ」と言ってた。

ある強い道場のママ友は
「うちの子、剣道をもうやりたくないって。とりあえず6年生までやるから。だから試合は参加してくれるだけで私はいいんよ」と。

5年生の剣道模様はいろいろだなあと会場で思いました(-_-;)

息子は何が楽しくて剣道やってるんだろう?

年功序列のはずの道場であまりの下手さに例外となり団体戦には出れないし。剣道5段のダンナには怒られるし。私からは呆れられるし。

やっぱりチコリーかな。

こんな風になってほしいという思いが不要だな。息子の現実を受け止めてやらなきゃならんのだろう。ついでに絶望のスイートチェストナットも一緒に飲んどきますか。

卒業まで1年半。できない息子の剣道とつきあい続けなきゃいけない母はトホホです。

Posted by bachfloweroita at 11:52 PM ・5 年生の剣道模様

October 12, 2013

私の充電
それでいいのだ!

最近。専業主婦だった友達がバタバタ就職。フルタイムやパートタイム。社会復帰おめでとうっ(>_<)

でもあまりに多いので揺らぐ私。こんな働き方でいいのかぁ?ちゃんと確実な収入にしなきゃいけないかあ?

2年前に教員として半年復帰。収入はあるけど、得意で好きな仕事だけど、ピーエやバッチのような心の芯まで喜びが満ちなかった(-_-;)

なのに、迷ったから。カモワンタロットさんにバッサリやってもらおう!

まずイメージでカードを選びました。左上ペンタクルクイーンが今のような働き方。すっごい仕事を大事に想い、家にどっしりいるイメージ。右上ペンタクルナイトをイメージで出稼ぎに出て行く私。

それでひいたカードは左が正位置の運命の輪。右は逆位置の神の家がバーン!

てなわけで、向こう3ヶ月はそれでいいのだっ。とりあえず、そうなのだー。


先日はマンホールの蓋の買い替えをカモワンさんに聞いて。値段が高い方と低い方。どっちがよかろうかぁ?

結果、安い方に「節制」が正位置に出て(爆)節約かあ?って決定しました(笑)


どっち?!って時に考えるヒントになって面白いです。私を応援してくれるツールのひとつです♪

Posted by bachfloweroita at 12:04 AM ・それでいいのだ!

October 11, 2013

私の充電 |おでかけ
チャリティーコンサート

ピアノの先生をしている友達に誘われてたバイオリンのコンサート。行きたいなあと思ったけど、息子の剣道があるし無理だあと思っていたら。

台風来た!稽古が休みになった!わあい(>_<)

前売りも買ってないのに、すんごい土砂降りの中行きました(笑)

大分ダルクという薬物依存症のリハビリ施設のためのチャリティーコンサートだったので。N響第1コンサートマスターの篠崎史紀さんのバイオリンが音の泉ホールでなんと2000円で聴ける!その2日前にNHK教育でN響と牧阿佐美バレエ団の競演を録画していたので、帰宅後子ども達にこの人だったんだよーって興奮してました。

ベートーベンのバイオリンソナタ第5番「春」を聞いて、涙が出ました。このところ娘のバレエや家族のいろんなことで悩んでいたので。その第3楽章で、会場の空気がさああ〜と霧が晴れたようにクリアになりました。フジコ・ヘミング以来ですね、あんなの見たのは。

前半で癒されたあと、後半は楽しいトークで解説つきの演奏。クライスラーの「愛の喜び」や「中国の太鼓」をそんな風に聞いたことはなかったなあ(^_^)

とても優しい音色。たまには上質の音楽に触れるのも良いなあと思いました。

Posted by bachfloweroita at 11:47 AM ・チャリティーコンサート

October 3, 2013

がんばっているね。
空が透きとおる頃

運動会を迎えようとするこの季節。
特に透きとおるような、青空の日。
私は空を見ては悲しい気持ちを呼び起こし、わが身を振り返ります。

この季節に、私は知人を二人、亡くしました。
自らの命を絶って。
お二人ともずっと受診されていて、お薬を飲んでいた方でしたが。

特に娘の同級生のお母さんの死は、私の心からいつまでも消えることはありません。

娘が小学校2年生の時でした。

お通夜の席で、まばたきもせず、声を出すもこともなく
小学2年生の子はぽろりと、涙を流しました。
ほほを、伝わった涙を拭くこともなく、ただ1点を見つめていました。
それは忘れることのできない瞬間です。
この子と、下のお子さんは、お母さんの記憶がどれくらい残るんだろう。
そう思いました。
病気だったとはいえ、せめて運動会を見てあげられなかったのだろうか。
もうちょっとだけ、待ってあげられなかったのだろうか。
そんな思いで運動会リハーサル(小運動会)を迎えて
その時見上げた、小学校での秋の空。

死んでしまっては
いろんな話をすることも
おいしいご飯を分かち合うことも
お風呂にゆっくり入ったり
いっしょに眠ったりすることもできません。

まして、親子ケンカなんて、、、
生きてるから、子どものそばにいるから、できるんです。

心配することも
頭にくることも、生きているから、親を続けているから、できることです。

昨日も息子とケンカしたんですけど
それは生きている、幸せです。今ここにいる、幸せです。

みんなが ココ にいるということ。
 私が   ココ にいるということ。

運動会の練習の音の中で、忘れがちな幸せを見つめ直します。
そういう意味で、あのお母さんの死は、私の中で生き続けます。

Posted by kimu at 3:05 PM ・空が透きとおる頃