December 24, 2010

メディディアンピーエ
ピーエ嫁、出動!

遠慮深いばあちゃんから電話がかかってきたのは10日前。「いくちゃん来てくれんかなあ」ってヘルプが深刻さを醸し出していた。

ダンナのじいちゃんが動けなくなっていたんですね。体中が痛くて一睡もできなかったとか。神社のしめ縄作成をがんばりすぎた結果だろうからピーエをしてもらいたいとばあちゃんがいう。じいちゃんはかかりつけの整骨院があるし、触られるのが嫌いなので初めて体を触らせてもらいました。背中と肩と首と腕がパンパンに腫れていました。ピーエするとひどい痛みがあった左肩と左首の腫れが少し引きました。痛みが軽くなったので、じいちゃんは昼寝ができたし、夕方には笑顔が戻って、歩けるようになっていました。この日から3日間寝る前にホメオパシーのMag-p.とArn.とRhust-x.を飲んでもらいました。ホメオパシーを飲むなんて、じいちゃんはよっぽど痛いだろうなあ。

2日目。前夜はぐっすり眠れたとか。昨日左側に時間をかけたので今日は右側を中心に。じいちゃんの動きもよくなってきた。歩く、トイレに行く、お風呂に入るのも全部一人でOK。ばあちゃんがほっとしていた。

間を4日あけて3回目のピーエ。じいちゃんはピーエがすっかり気に言った様子でじいちゃんから「今日踏んでもらえんかな~。」と依頼あり(笑)。もちろん、喜んで(^^♪「手より足がいいなー。」とか、スラッシュをいれると「あ~~気持ちいい~。」ってまるで温泉に浸かった時のようなご感想。背中は腫れがなくなったけど、右肩甲骨付近に小さな固いしこりが無数にあって、そこだけが痛みを感じる。

4回目のピーエは足の裏なども気持ちよく施術をうけることができている様子。右肩甲骨の溝にあったしこりはとれた。でも痛みが残る場所のしこりはどう攻めたらいいかわからないので、そこは整体のワタナベ先生にとどめを刺してもらおう。

じいちゃんが半分復活できて良かったなあと思う。けどピーエ自体が「横たわることができるくらい健康な人」を対象にしたものなんだなあって淋しさは感じた。いろんな場所の、このしこりをどう無くす事ができるのかっていうことが知りたい。とりあえずテクニカルコースは受講しておいてよかったなあ。80歳を超えるじいちゃんの体は、もうつけ根から曲がってしまっているところもあってベーシックの技じゃ、今回のケースは対応できなかったと思う。定例会で習ったばかりの、筋肉に面を合わせていくことや、軸足の使い方による強弱のコントロールはとても役に立った。

ダンナが「良い物をみつけたよなあ」って。岡本家のみなさんに、メディディアンピーエの威力を認めていただけて、本当にうれしいです。じいちゃんの痛みが早く無くなりますように。

Posted by kimu at 11:21 AM ・ピーエ嫁、出動!

December 21, 2010

バッチフラワーエッセンス
嘘八百

岡本家はただいま暴風域に突入しています。先週からなんですとお〜の嵐。

まず娘がバレエの先生に爆弾発言をかましたらしい。レッスンの取り組み方も娘の話と先生からの電話はかなりくい違っていた。先生が独立して立ち上げたバレエ学校では、お友達が辞めていったので娘が一番の古株になった。劣等生な娘に格別なお気遣いをいただいていたのに。先生だけじゃなくて整体の先生やたくさんの大人が手をさしのべてくれているのに。それは娘がバレリーナになりたいという逆立ちしたって叶わぬ夢に、みなさんが本気で向き合って下さっているのに。

先生の親心を踏みにじったことに腹がたった。「自分が踊るんやけん練習せんと結果は変わらんので!練習せんのやったらバレリーナになるって言葉を取り下げなさい!楽しく趣味で踊るで十分やし、そうすればみんなが楽になれるやん」って怒りました。

次に息子。宿題をしてなかったことが発覚。しかもおうちのお仕事の宿題に「ペットのお世話」って・・・うちにはペットはいないじゃん!(爆)

これらをきっかけに次から次に出てくるわ出てくるわ。嘘八百きょうだい。

もう、がっくり。

立ち直るヒマもなく波状攻撃。おまけにダンナは私のニットを普通〜に洗濯してしまい「セーターはそんな洗い方をすると縮むんですけどっ」って結婚以来繰り返してきたセリフを吐く。

三人に向かって怒っている様はキングギドラ・オカモト。あんぎょえ〜!!

どいつもこいつも。もう勘弁してよ〜(ToT)

新しい事実が発覚する度に頭に来て冷静になれないのでバッチフラワーエッセンス・トリートメントボトルを作りました。怒りが沸点に達しているのですぐ爆発してしまうのでホリー、なんでよ〜って怒りのメラメラにウィロウ、このままじゃ虐待しそうなので(実際に今日は息子を叩いたし、皿でも投げ割りたい気分なので)チェリープラムで自分を抑えられるように。子ども達の悪いトコばかりが目につくのでビーチを。あと、深い意味はなくバインを入れてみました。大人の視線にロックされてるかなあと思って。

どああ〜。冬休みが思いやられるなあ〜(-_-;)

Posted by bachfloweroita at 8:06 AM ・嘘八百

December 17, 2010

バッチフラワーエッセンス
在り方は自分次第

ボガンと胸に開いた穴は日に日に大きくなったので、こりゃあいかんなと思ってホメオパシーのジェムレメディを飲んでみたりオーラソーマのボトルを塗ってみたり。でもあんまり変化ないのでバッチフラワーエッセンストリートメントボトルを作ってみました。

「もう終わったことだから手放そう」のボトル。スターオブベツレヘム、ロックウォーター、パイン、ハニーサックル。遠い遠い昔のお話を反映させるよりは今の在り方で前進したいと思うのです。

で、飲んだら胸の穴は少しずつぺたぺたと埋まっていったので、改めてフラワーエッセンスってすごいなあと思いましたし。誰かにヒーリングされなくったって、自分でよっこらしょと立ち上がることを「決めること」が更に遠くへ飛べるようになるんだと思います。

Posted by bachfloweroita at 11:42 PM ・在り方は自分次第

December 14, 2010

バッチフラワーエッセンス
流血 (2)

息子の10針縫うケガのその後。ちょっとドキドキして病院に行きました。なぜって、またいつものように薬を飲ませなかったから(苦笑)。

痛み止めをホメオパシーのMag-p.で代用するのはいいとして(相当効果ありましたよ!)。細菌による感染症用のお薬を飲ませなかったんです。どうしよっかなーと思いつつ、やっぱり薬を飲ませる勇気が出なくって(普通は逆だな)Calen.で消毒。あと破傷風になったら困ると思ってHyper.を少し。バッチフラワーエッセンスのレスキューレメディーは息子が欲しがるだけ与えました。

傷口が膿んだりしてたらどうしようってドキドキ。でも傷口は腫れもなく、全く問題ありませんでした。ほっ。

なので記念に傷口の写メをとってみたりして(笑)。『じゃりんこチエ』の額に三日月のある猫の名前、なんでしたっけ?小鉄?あんな感じで額に三日月を持つ男になりそうです。第三の目を違う形であけちゃった息子です。

Posted by bachfloweroita at 1:04 AM ・流血 (2)

December 12, 2010

バッチフラワーエッセンス
流血…

若草公園で、コチンと音がして。振り返ったら小二の息子が倒れていました。滑って石のイスに頭を打ち付けたんですね。慌てて助け起こしたら、血が地面にぼとぼとーって落ちて。さながらパイプ椅子で戦った後のプロレスラー。もう「ギャー!!」って叫びたかった!

でもとっさに思ったのは「止血しなきゃ!」。ハンカチ出して額を圧迫して。私は半分パニックだけど、血の色からして静脈だから大丈夫とか、体温チェックしたり半分まとも。息子は痛みで泣くこともできず、ショックで震えだし、体温低下。うわぁ〜なんか持ってないかなあってドラえもんのポケットのようにバッグを探った。娘をバレエスタジオに迎えに行った後にコンサートに行く予定だったからレスキューパステルも持ってないよーっ。でも。

あったあ〜!レスキュークリーム!しかもナゼかファイブフラワークリーム!

ファイブフラワークリームはニールズヤードレメディーズ社の製品。個人的感想ですがネルソン社のバッチレスキュークリームの方がガツーンと治してくれるので好きで愛用しています。が、ファイブフラワークリームは穏やかな分、傷口にしみにくい特徴があります。その、一本しか買ったことのないファイブフラワークリームがナゼかバッグに入っていた。

クリームを傷口にてんこ盛り。クリームにはクラブアップルも入っているので傷を治すだけじゃなく消毒効果もある。でもぱっくりあいてるからどう見ても「縫わなきゃ」って思って。その辺りの人達に「この辺りに外科ないですかっっ」って聞いてみた。したら近くの総合病院ってことで。血は止まったんだけど病院は歩ける距離じゃないし、娘も迎えにいかなきゃならないのにどうしようって思っていたら。

親切なご家族連れが「お子さんみていてあげるから、車をとっておいで」って言ってくれて。娘も自力で公園まできて。なんとか息子を車にのせて。このご家族連れは、息子にストールをかけて下さり、声をかけ続けてくださっていた。「お母さん、落ち着いて運転してね。大丈夫だから」って私にも。

あのご家族連れが助けてくれなかったら、私は一人でどうしようもなかった。本当に本当にお世話になりありがとうございました(T_T)

で、総合病院についたら土曜なので外科医はいないけどそれで良ければ診察しますと。どえ〜!!

その時。学校医の外科を思い出し、電話ボックスで調べたらなんと診察できるという〜。そこで落ち着け私〜って言い聞かせながら病院を移動。結局、学校医で10針縫いました。結果オーライで、消毒に毎日通わないといけないそうなので近い病院で良かった。移動中、何度もクリームを縫ったので腫れもひいていたし。

帰宅後、まずはホメオパシーのArn.をリピート。頭を打った時の必須レメディだからね。それから「恐い」というのでレスキューとロックローズとスターオブベツレヘムのフラワーエッセンスをリピート。私自身も落ち着くためにレスキューレメディーを。

麻酔が切れて痛みを感じはじめてから、ホメオパシーの痛み止めMag-p.と消毒&傷の治癒にCalen.とレスキューレメディーを30分おきに寝るまでリピート。今回はMag-p.の効果の高さに驚きました。

こんな濃いブログネタはうれしくない〜!!息子は手塚治虫の『三つ目がとおる』の三つ目くんみたいな風貌になってますが、不幸中の幸いだったなあとダンナと話しているところです。今日の私、がんばった!

Posted by bachfloweroita at 3:32 AM ・流血…

December 10, 2010

バッチフラワーエッセンス
感覚的判断力

バッチフラワーエッセンスの最年少のお客様は年中さんです。小1のきょうだいとトリートメントボトルの注文が入ります。二人とも、まだ自分の気持ちをうまく表せないのでお花のカードを使います。

でもちゃんと必要な時期も自分でわかるし、効き目もわかっているし、新しい組み合わせに変えるべきか同じ組み合わせをおかわりするかもちゃあんとわかっています。そういう意味では子どもってやっぱりすごいですね。頭で考えずに感覚でいられる間…普通のお子さんで小学校三年生くらいまでですかね…彼らの判断力ってすごいと思います。

その感覚が鈍らないように、私の子どもにはよく何が良いか、どうしたらよいか決めさせます。どんなものが好きで嫌いか。どんなものが質が良いのか。自分で自分に必要なものを選ぶ自信が重要だと思います。自信は急につくものではないので、日々の積みかさねだと思っています。だから自分で決める瞬間をできるだけ確保しています。

そのためには多くの物を観て、触れて、感じる機会が必要です。それはネット上では難しいことだと思います。本物の中にある「質感」を肌で習得して、感覚的判断力を持ち続けて欲しいなあと思います。

Posted by bachfloweroita at 11:39 PM ・感覚的判断力

December 9, 2010

バッチフラワーエッセンス
受け流せ。

息子がピンチのサインはわかりやすい。態度ではわかりにくいけど、忘れ物が増えたり、連絡帳の字が汚い時は要注意。最近は自分からオーラソーマのボトルを「塗って〜」って言ったり、「フラワーエッセンスを作って〜」って言えるようになってきたけど、男の子って心の内を明かさないから難しいですね。。。

「ダルーい」「休みたーい」「学校行きたくなーい」とよく言うので、怪しいなーと思っていたら。先生から「様子はどうですか?今回は何が原因なんでしょうねえ?」ってお知らせいただいたのは2日前。担任の先生は息子が感受性高いことに理解を示してくれているので、こまめに早めにお知らせ下さるので本当に助かります。その分私も早く対応できる。

早速息子と話してフラワーエッセンスのトリートメントボトルを作成しました。またもや二人の同級生の言葉を全て正面から受け止めているみたい。それで「学校に行きたくないよお。お母さんと一緒におうちにいたいよお。」って言うんですね。

だもんで緊張感を和らげるレスキューレメディーとお母さんの安心感を学校でも感じられるようにチコリー、同級生が何を言ってきても平常心が保てるようウォルナット、その子達の悪いところにばっかりに気をとられないようビーチ、その子達を正そうとして言い合いになるので世の中いろんな人がいるんだなあと思えるようにバーベインを選びました。浴びるように飲んでいました。

で、昨日はニコニコ笑顔で目をキラキラさせて帰ってきました。二人のことが気にならなかったようで「何を言われても頭にこんかったー」って言ってました。

今日もくりんくりんの目をして帰ってきたので心配なさそうです。ぬり絵マンダラの色も少しずつ落ち着いてきました。

Posted by bachfloweroita at 11:59 PM ・受け流せ。

December 8, 2010

バッチフラワーエッセンス
時は来たり!

ひや〜ん!決めなきゃ行けないことがいっぱい!ある程度答えはいただいているので、あとは自分が踏ん切りつけるだけ!

なのでバッチフラワーエッセンスのトリートメントボトルを作りました。私にとっては大きな決断なのでワイルドオート、揺れる心にスクレランサス、決めたことに自信が持てるようセラトー、人になんと言われようと影響受けずに決められるようにウォルナット、これ以上ズルズル先伸ばししないようにホーンビーム、そして自分自身を何よりも大切に考えながら見渡すためにセントーリーを選びました。

決断よ、カモーン!!

Posted by bachfloweroita at 3:25 PM ・時は来たり!

December 5, 2010

バッチフラワーエッセンス
大きな一歩

自分でも、なぜフラワーエッセンスのカウンセリングを続けているのかなあって不思議に思う時があります。看板も出してないのに、お客様が来て下さるのはとても不思議な現象です。あ、来年は看板を設置してわかりやすいようにしようと思ってますから、今しばらくお待ち下さいね。えへへ。

私の方が現実に追いついてないというか、現実にお尻を叩かれちゃうことが最近多いです。

それは応援して下さる方々や口コミでご紹介して下さる方々のお陰なんです。本当にありがたいことです。今日もひとつ、大きな夢にまた一歩前進できたところです。大きく踏み出したというか、形になってきた、というか。光栄なことなので、出来うる限り取り組ませていただこうと思います。

フラワーエッセンスを使い始めた頃は。子どもが学校に行くのが大変で。なんとか社会に出すために必死なというか悲壮な思いしかなかったので。当時まさかフラワーエッセンスを仕事にすることになるなんて想像できなかった事だけれど。

だけど今、私がお役に立てることがあればお手伝いをさせていただこうと思います。気負わずに、できる範囲で。

Posted by bachfloweroita at 11:47 PM ・大きな一歩

December 1, 2010

バッチフラワーエッセンス
効き目はバッチリ

「明日発表せんといけんのや〜。緊張するけんレメディ作って」と小二の息子が言ってきました。どんなのがいい?って聞いたら「自信を持てること!失敗してみんなに何か言われたらどうしよう〜っち思うんや。」というので私が選んだのはレスキューと息子のタイプレメディのロックウォーターと不安を軽減するミムラス。

最近、息子はオーラソーマのボトルをばしゃばしゃ塗ります。息子がそうする時は精神的にピンチな時なのです。

毎日のように学校でXくんとYくんとケンカをして帰ってきます。授業中もあまりにケンカになるので息子だけ席替えさせられたくらいです(^_^;)内容は「正義感」。相手の子に「わりーんでー!(悪いよ)」「こうせんといけんのでー!」「先生に言うよ!」ってパターンですな。はは。バーベインを飲ませてやらないかん(苦笑)。

でもケンカするなら遊ばなきゃいいのに、遊んでしまうのが低学年(笑)。「もう一生遊ばん!」の決めセリフが出てもすぐ忘れる。まるで猿みたいな世界(笑)。

いつもはまた子猿の競り合いかあ〜と思うんだけど、あまりに毎日続くので「じゃあお友達とケンカしなくなるレメディも探してみよっかあ」とお花のカードを引かせてみた。

「これが緊張をなくしてくれる」と指さしたのはレスキューとロックウォーター。「ケンカにはこれ」と悩み事が頭から離れないホワイトチェストナットと相手の悪いところばかり目についてしまうビーチを選んだ。これで気にならなくなるようだね。

「あと必要なのはこれ」と選んだのはインパチェンス、ヘザー、ウォーターバイオレット、チコリー。そっかぁ、さみしかったんだねって聞くと「学校行きたくないなあ、お母さんとおうちにいたいなあって思ってたんや〜」って。でも1種類多すぎるので一枚削ろうとすると「やめて〜。いいものだから減らさないで〜」って泣き出した。なので、お花のカードで選んだ8種類でトリートメントボトルを作りました。10分でボトルの半分をあっという間に飲んで落ち着いたところでお布団に入りました。

結果は。先生にビデオを見せてもらったんですが、大成功してました。本人も「バッチリやったよ!レメディ効いたわあ」って感想でした。最近、自分からレメディを要求できるようになってきたので、一人で悩まなくなってきたんだなあと成長を感じる息子です。

Posted by bachfloweroita at 9:22 AM ・効き目はバッチリ